さるさるパパ
小春川英夫のblogです。 短歌を詠んだり、読んだりしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

024:牛乳(小春川英夫、題詠blog2006)

ひらかれた牛乳パックは重なって次の輪廻を待ちわびている
スポンサーサイト

023:結(小春川英夫、題詠blog2006)

セレブ的新妻とボジョレーヌーヴォーとダックスフントが結ばれている

022:レントゲン(小春川英夫、題詠blog2006)

旧仮名で為る文学の骨格をレントゲン撮影する為の部屋

021:美(小春川英夫、題詠blog2006)

ニッポンの工場跡の美術館で北風に散る光が踊る

020:信号(小春川英夫、題詠blog2006)

ぬばたまの渋谷の赤い信号で流星群を思い浮かべる

019:雨(小春川英夫、題詠blog2006)

雨を避けた地下街で出会う恋人の六年前のドッペルゲンガー

018:スカート(小春川英夫、題詠blog2006)

ブレーキは要らないのでしょう。スカートの下にジャージの冬の少女は

017:医(小春川英夫、題詠blog2006)

「何もかも忘れなさい」と囁いた歯科医の額に輝く夕陽

※ゆるゆると気まぐれに再開。

016:せせらぎ(小春川英夫、題詠blog2006)

ドブ川と呼ばれるせせらぎに沿ってコンクリートの壁と桜と

015:秘密(小春川英夫、題詠blog2006)

十字路の不意の香りに思い出す秘密の森で出会った記憶

プロフィール

小春川英夫

Author:小春川英夫
短歌をぼちぼち詠んでいきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。